サービスの内容について

宅内工事について

宅内工事

 

[引き込み工事]
赤実線 部分は町の経費負担となります。
緑実線 部分のタップオフから保安器までの経費は加入者の負担となります。
[宅内工事]
緑実線 部分は加入者の費用負担となります。
ピンク実線 部分の機器については、各1台町から貸与します。 

用語の説明

1 タップオフ
  ケーブルテレビ幹線から加入者宅に分岐するための設備。
   
2 保安器
  ケーブルテレビ施設と加入者宅の接続点(引き込み口)に設置して、ケーブル線から入ってくる誘導雷などによるサージ電圧(強電圧)が家庭内に侵入し、テレビを含む端末に悪影響を及ぼすことを防ぐための機器です。
   
   
3 告知電話端末
  ケーブルテレビネットワークに接続し緊急放送/告知放送サービスや加入者間の通信サービス(インターネット、電話、FAX)等を可能とするための機器です。
インターネット用モデムも兼ねています。

場合によっては下記の機器が必要になることがあります。

4 ブースター
  保安器より家側に設置して、室内の分配などで弱くなった信号を、宅内の各種機器に必要な信号の強さまで、増幅する機器です。宅内増幅器とも言います。
   
5 分配器
  加入者宅内に送られてきた信号を、宅内の各部屋に設置してある設備に分配するための機器です。2分配器、4分配器等があります。